東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「沖縄の新基地NO」 市民団体が121万人分の署名提出

国会議員らに渡された段ボール箱に入った沖縄の基地に反対する大量の署名=9日午後、東京・永田町の衆院第一議員会館で(安江実撮影)

写真

 安全保障関連法廃止を求める「戦争させない・九条壊すな!総がかり行動実行委員会」など三つの市民団体は九日、沖縄県民の民意尊重と米軍新基地建設の撤回を求める約百二十一万人分の署名を衆参両院議長宛てに提出した。

 総がかり行動実行委のほか、沖縄県の住民らでつくる「基地の県内移設に反対する県民会議」「『止めよう!辺野古(へのこ)埋立て』国会包囲実行委員会」の二団体が呼び掛け、基地問題を沖縄県民だけの戦いにしてはいけないと、昨年十月から全国で署名を集めた。

 署名では▽名護市辺野古の米軍新基地建設の中止▽普天間飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の速やかな閉鎖と返還▽日米地位協定の抜本改定−などを要求。署名は九日までに百二十一万二千二百八十一筆が集まった。事務局は「署名はほとんどが県外の人だ」としている。

 県民会議の大城悟事務局長は「県の人口(約百四十万人)に迫るような数だ」と全国での反響の大きさを強調した。署名は四月二十五日まで受け付けている。 (村上一樹)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by