東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

統幕長、首相の「改憲」に賛意 共産・穀田氏「許されず」 菅官房長官「問題ない」

 共産党の穀田恵二国対委員長は二十四日の記者会見で、自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長が憲法への自衛隊明記を「ありがたい」と発言したことについて「許されない。公務員の憲法尊重擁護義務を真っ向から踏みにじるものだ。統幕の責任者がこうした発言を平気でするのは恐ろしい」と批判した。

 一方、菅義偉(すがよしひで)官房長官は記者会見で「全く問題になることはない」と表明。九条改憲について質問を受けた河野氏が、統幕長として答えるのは適当ではないと断った上で「個人の見解であるという形で述べた」と指摘し、自衛隊法が制限する政治的行為には当たらないとの考えを示した。

 河野氏は二十三日の記者会見で、安倍晋三首相が自衛隊を九条に明記した新憲法の二〇二〇年施行を目指すと表明したことについて問われ「一自衛官として申し上げるなら、自衛隊の根拠規定が憲法に明記されることになれば、非常にありがたいと思う」と答えた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報