東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

佐川理財局長が国税庁長官に 「森友」問題で適正と答弁

 政府は二十八日、迫田英典国税庁長官(57)が退き、後任に財務省の佐川宣寿理財局長(59)を充てる人事を固めた。財務事務次官への昇格が固まっている福田淳一主計局長(57)の後任には岡本薫明官房長(56)を起用する。国際部門トップの浅川雅嗣財務官(59)は留任し、三年目に入る。来週にも発令する。

 佐川氏は、大阪府豊中市の国有地が大阪市の学校法人「森友学園」に格安で売却された問題を巡り、たびたび国会で答弁に立ち、適正な価格で売却したと説明していた。

 【国税庁長官】

 佐川 宣寿氏(さがわ・のぶひさ)東大卒。82年大蔵省(現財務省)。関税局長を経て、16年6月から理財局長。福島県出身。

 【主計局長】

 岡本 薫明氏(おかもと・しげあき)東大卒。83年大蔵省。主計局次長を経て、15年7月から官房長。愛媛県出身。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報