東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

稲田氏、離任式で謝罪なし 日報隠蔽「極めて深刻」

自身の離任式であいさつする稲田前防衛相=31日午前、防衛省で

写真

 稲田朋美前防衛相は三十一日午前、防衛省・自衛隊の幹部らに対する離任あいさつで、南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽(いんぺい)問題に関し、「防衛省、自衛隊に対する国民の信頼を揺るがし、隊員の士気を低下させかねないという点で極めて重大かつ深刻なものだった」と述べた。自らの責任には言及せず、謝罪はなかった。

 職員側を代表してあいさつに立った防衛省豊田硬事務次官は、日報隠蔽問題について「国民の皆さまに深くおわび申し上げる」と陳謝した。

 稲田氏はあいさつで「問題点を徹底的に改善し、危機感をもって再発防止策をしっかり実施しなければならない。風通しのよい組織文化を醸成し、一層の連携強化を図り、一致団結して、いかなる困難な状況にも対応できるようにしてほしい」と述べた。

 稲田氏は一連の問題に関する特別防衛監察の調査結果を公表した二十八日に、「管理監督者として責任はまぬがれない」として防衛相を辞任し、給与の一部を自主返納することも明らかにしている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by