東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

稲田氏不在 日報閉会中審査 小野寺氏が再調査否定

 衆院安全保障委員会は十日午前、自衛隊の南スーダン国連平和維持活動(PKO)の部隊の日報隠蔽(いんぺい)問題に関し、国会の閉会中審査を行った。野党側は、防衛省が行った特別防衛監察では引責辞任した稲田朋美元防衛相の関与の有無が曖昧だとして再調査を求めたのに対し、小野寺五典(いつのり)防衛相は監察本部の独立性を強調。稲田氏にも間違いがないかを確認したとして「しっかり報告された内容だ」と強調し、再調査に否定的な考えを示した。

 この日の審査を巡り、野党側は稲田氏や岡部俊哉前陸上幕僚長、黒江哲郎前防衛事務次官の参考人招致を求めていたが、与党側が拒否し出席しなかった。

 質疑では、防衛監察に対し、陸自内で日報を保管していたことが稲田氏に報告されていたかどうかの証言が一致しなかったことが取り上げられた。

 野党側は、報告の有無やそれぞれの証言者の内訳などを追及したのに対し、防衛監察本部の担当者は「個人が特定され、供述が明らかになる恐れがあるので差し控える」と踏み込んだ説明を拒んだ。

 稲田氏に日報データを報告した際のやりとりを残したとされるメモや、陸自がまとめた調査結果の公表を要求されると、小野寺氏は「入手した資料を開示すれば、今後の監察業務に支障をきたす」と拒否した。

 民進党の升田世喜男(ますたせきお)氏は、第三者による再調査や稲田氏の国会招致を重ねて求めた。

 小野寺氏は委員会の冒頭、特別防衛監察の結果を説明し「大変厳しく反省すべきものだと受け止めている。再発防止に努めたい」と述べた。

 「わが国を取り巻く安全保障環境が厳しい中、国民の皆さまに本当に申し訳ない」と陳謝。「情報公開に対する姿勢に疑念を抱かせ、防衛省・自衛隊のガバナンスに対する信頼を損なった」とも語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by