東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

北ミサイル「上空通過」予告 PAC3、中・四国展開へ

東京・市谷の防衛省敷地内に配備されているPAC3=11日午後

写真

 北朝鮮が米領グアム周辺に弾道ミサイルを発射する動きを見せていることを受けて、政府は十一日、日本国内への落下に備えて空自の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を展開することを決めた。北朝鮮が上空を通過するとした島根、広島、高知に愛媛を加えた四県の陸上自衛隊駐屯地に配置する。十二日午前には完了させたい考えだ。

 小野寺五典防衛相は十日夜、東京都内で記者団に「さまざまなことを勘案しながら必要な措置を取っていく」と強調。これとは別に安全保障関連法に基づき、集団的自衛権の行使可能な存立危機事態の認定もあり得るとの考えを示しており、迎撃ミサイルを搭載した海上自衛隊のイージス艦の活用も検討している。

 日本のミサイル防衛(MD)は二段構え。イージス艦に搭載した海上配備型迎撃ミサイル(SM3)で破壊を試み、撃ち漏らした場合、空自のPAC3で対応する。PAC3は北朝鮮のミサイルが不具合で日本の領土や領海に落下するなど、不測の事態が起きた場合にも使用される。

 展開先は出雲(島根)、海田市(広島)、松山、高知の各駐屯地。四県はPAC3の部隊がないため、空自の岐阜基地(岐阜)と、白山(三重)、饗庭野(あいばの)(滋賀)両分屯基地から移動させる。

 迎撃には自衛隊法に基づく破壊措置命令が必要。政府は弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮情勢を受け、昨年八月から命令を継続。東京・市谷の防衛省などにも常時、PAC3がある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by