東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

元昭恵氏付き職員が伊大使館へ異動 「森友」説明要求の中

 世耕弘成経済産業相は十五日、閣議後の記者会見で、安倍昭恵首相夫人付きの政府職員だった中小企業庁の谷査恵子(さえこ)氏が在イタリア日本大使館に異動したと明らかにした。六日付で外務省への出向が発令され、同大使館の一等書記官となった。谷氏は、大阪市の学校法人「森友学園」への国有地売却問題への関与が指摘され、野党側が説明を求めていた。

 世耕氏は谷氏の異動について、森友学園問題とは「まったく関係ない」と強調。谷氏が語学が堪能で、日本文化を海外に売り込むクールジャパン政策の経験があることから、「人事は適材適所の考え方で実施されている」と指摘した。谷氏と同期のノンキャリア職員のうち三分の一程度は海外勤務を経験しているとして、「能力を考えた通常の人事だ」と述べた。

 谷氏は、森友学園への国有地売却に絡み、財務省に照会した結果を森友学園側にファクスで回答していたことが三月に明らかになったが、世耕氏は一月末には異動の内々示が行われていたと説明した。

 一方で、経産省内からは「いわれた仕事をこなしていただけなのに、批判の目をかわすために異動させられ、かわいそうだ」と、同情する声も上がっている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by