東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

民進代表選に前原、枝野氏 来月1日選出 野党連携争点に

 民進党代表選は二十一日に告示され、前原誠司元外相(55)と枝野幸男元官房長官(53)の二人が立候補を届け出た。九月一日の臨時党大会での投開票に向け一騎打ちの選挙戦が始まった。共産党など他の野党との連携や改憲への対応、経済政策などが争点。離党者が相次ぐ野党第一党を、安倍政権に代わる受け皿として立て直せるかが課題となる。

 前原氏は二十一日午前、国会内で記者団に「自民党の政策では国民の不安は解消しない。われわれが選択肢を示す歴史的使命がある。自己責任型社会からみんなで支え合う社会に転換する」と語った。枝野氏も記者団に「代表選を党再生の大きなきっかけにしたい。地に足をつけた国民政党に脱皮できるかどうかが問われている」と強調した。

 共産党などとの連携について、前原氏は「是非を含め見直す」としている。枝野氏はこれまでの連携関係を維持する考え。両氏とも社会保障の充実を掲げるが、前原氏が消費税増税に前向きなのに対し、枝野氏は現状では慎重な立場だ。

 今回の代表選は蓮舫氏の辞任表明に伴う選挙で、新代表の任期は二〇一九年九月末まで。全国八カ所の討論会や街頭演説などで支持を呼び掛ける。

 立候補を目指していた井出庸生(いでようせい)衆院議員(39)は届け出に必要な推薦人二十人が集まらず出馬を断念した。

 代表選には、党所属の国会議員と国政選の公認候補予定者、地方議員、党員・サポーターに投票権があり、ポイントに換算。半数超は地方議員票と党員・サポーター票が占める。臨時党大会では、郵便投票した地方議員と党員・サポーター票の開票結果が報告された後、国会議員と国政選の公認候補予定者が投票する。

 国会議員票では前原氏が先行しており、枝野氏は地方票で追い上げたい考え。態度を決めていない国会議員票を取り込む動きも加速しそうだ。

<前原誠司(まえはら・せいじ)氏> 京大卒。京都府議、民主党代表、国土交通相、外相。民進党「尊厳ある生活保障総合調査会」会長。55歳。京都2区、衆院当選8回。

<枝野幸男(えだの・ゆきお)氏> 東北大卒。弁護士、官房長官、民主党幹事長、民進党幹事長。16年10月から民進党憲法調査会長。53歳。埼玉5区、衆院当選8回。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by