東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

小池新党 改憲目指す 若狭氏「5人集まれば結党」

 小池百合子東京都知事の側近の若狭勝衆院議員(無所属)は二十五日、年内設立を準備する新党が改憲を目指すと明らかにした。国会内で記者団の取材に答えた。無所属の松沢成文参院議員や、民進党を除名された長島昭久元防衛副大臣と地方自治を規定する憲法八章の改正方針で合意していると説明した。国会議員五人以上の政党要件を満たせば、少数でも結党する意向も示した。

 これに先立ち、若狭氏は松沢、長島両氏と都内で会談し、政策で一致できれば新党をつくる方向性を確認。民進党を離党した細野豪志元環境相も八章の改憲を求めている。新党の政策を巡って若狭氏と協議しており、五人まで残り一人の状態だ。

 若狭氏は記者団に、新党の結成時期について「衆院解散になれば、短い期間でやらざるを得ない」と指摘。新党の立ち位置は「非自民で非民進だ。政権与党の補完勢力ではなく、野党となる。(民意の)新たな受け皿をつくりたい」と強調した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報