東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

民進、5人程度離党検討 細野氏に近い中堅・若手ら

 民進党の中堅、若手議員五人程度が離党を検討していることが九日、党関係者の話で分かった。八月に離党した細野豪志元環境相に近い議員が中心で、早ければ今週にも離党届を提出する。細野氏や小池百合子東京都知事側近の若狭勝衆院議員らとの連携を念頭に置いているとみられる。

 離党を検討しているのはいずれも当選五回以下の衆院議員。細野氏が率いていた党内グループに所属する中堅・若手三人に加え、若手二人。次期衆院選での共産党との選挙協力に異論を唱えていた。同調する議員が増える可能性もある。

 党関係者によると、こうした議員らは週内に離党の是非を判断する見通しだが、一部には「十月二十二日投開票の衆院三補選まで待つべきだ」との意見も出ているという。

 不倫疑惑を報じられた山尾志桜里衆院議員に続き、離党者が相次げば、一日に就任した前原誠司代表に深刻な打撃となる。衆院三補選にも影響が出るため、党執行部は離党を思いとどまるように働きかけている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報