東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

小池、若狭、細野氏が会談 国政、改革勢力で一致

 東京都の小池百合子知事は十一日夜、自身と近く、年内の新党結成を目指す無所属の若狭勝衆院議員、民進党を離党した細野豪志元環境相と都内で会談し、新党構想について意見交換した。三者の協議は初めて。国政で既成政党に代わる新たな改革勢力をつくる必要があるとの考えで一致した。

 会談後、小池氏は記者団に「国政でもスピード感を持って改革に励んでほしいとエールを送った」と明かした。さらに「日本を、東京を変えるべき所は変えていく。これは共通の思いだ」と語った。新党にどう関わっていくかについては、明言を避けた。

 会談を呼び掛けた若狭氏は「知事は改革を進めるには、しがらみ政治を脱却した上で、新たな視点を持って国政を進める新党がいい、とアドバイスしてくれた。今後もいろいろな形で協議したり、アドバイスをもらったりすることでは合意した」と話した。

 細野氏は「憲法の問題も含めて話し、いろいろな方向性で一致できた」と説明した。民進党からの離党を検討している国会議員を念頭に「(離党した)人間で協議して新しいものをつくるしかない」と連携に意欲をみせた。 (大野暢子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by