東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

新党関与に小池氏前向き 都政専念と「矛盾しない」

 小池百合子東京都知事は二十二日の記者会見で、自身に近い若狭勝衆院議員が結成を目指す新党について「(私は)国の改革の姿勢を問いたい。しがらみのない政治を進めるのが一番重要で、応援していきたい。どういう形かは考えていかなければならない」と語り、新党で何らかの役割を果たすことに前向きな考えを示した。 (大野暢子)

 安倍晋三首相が臨時国会冒頭で衆院を解散することには「大義なき解散総選挙だ。真の改革を問うべきではないか。まやかしの改革では間に合わない」と批判し、対決姿勢を強めた。

 知事が都政に専念することと新党に関与することについては「矛盾するとは考えていない。知事で国政に関与している例はほかにもある」と主張。新党代表就任を求める意見があることについては「いろんな声は、耳に入っているのと、そうでないものといろいろある」と答えるにとどめた。

 若狭氏も二十二日放送のテレビ朝日番組で「知事が代表になってもらった方がいいと思う人は少なからずいる。知事が自分の考えで決める」と期待感を示した。

 一方、公明党の山口那津男代表は二十一日の記者会見で「小池氏への期待はより高く、公明党も都政を支えている。知事職をしっかり遂行してほしい」と新党への関与をけん制した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報