東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「希望」党内、小池氏国政待望論も

 民進党が、希望の党への「合流」を目指すことになった。これにより希望の党は政権を目指す規模で衆院選に臨む可能性が高まり、小池百合子代表が国政転出することへの待望論が高まると予想される。

 小池氏は二十七日夜のテレビ番組で衆院選を「政権選択の選挙だ。目指すのは政権を担うことだ」と位置づけ「三ケタ」の候補擁立を目指す考えを明らかにした。

 ただ、小池氏が東京都知事を続ける限り、首相候補にはなれない。選挙戦では「代表が首相候補になれない政党に政権を担えるのか」という指摘が出ることが予想される。その批判を退けるため、小池氏自身が衆院選出馬を決断してほしいという声が党内で高まるのは確実だ。

 小池氏は同日、自身は出馬せず都知事にとどまると繰り返し強調したが、最終判断は十月十日の衆院選公示までに下すことになる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報