東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

衆院 冒頭解散 民進代表「希望に合流」

 衆院は二十八日召集の第百九十四臨時国会の冒頭で解散された。これに先立ち、民進党の前原誠司代表は党本部で執行役員会と常任幹事会を開き、解散に伴う衆院選で、党所属の衆院議員らを小池百合子東京都知事が代表を務める新党「希望の党」から立候補させる事実上の合流方針を説明した。希望する候補者が希望の党に公認申請し、立候補を認める。小池氏は、希望の党の理念・政策に合うことを条件に、議員ごとに受け入れるかどうかを選別する考えだが、野党再編は衆院選へ向け加速している。

 前原氏は二十八日午前の常任幹事会で「いよいよ解散の日だ。これから党の在り方を話し合い、決定を両院議員総会にかけて一致結束して臨みたい。安倍政権を終わらせて政権交代を可能とし、これまで築いてきた政策や社会像を実現するためだ」と、希望の党への合流方針を明らかにした。

 常任幹事会に示した案では、民進党の立候補予定者は希望の党に公認を申請し、交渉は前原氏に一任。民進党の公認は取り消し、候補者は出さないとした。

 これに対し、出席者からは異論が出て、衆院解散後に再協議する。前原氏は常任幹事会後には両院議員総会を開き、これらの方針を全議員に説明し、一任を取り付けたい考え。

 前原氏は衆院解散前の党代議士会で「せこい総理を日本の代表として続けさせていいのか。政権交代にもっていくために一致結束した行動をお願いしたい。一強多弱を終わらせる」と合流に理解を求めた。

 前原氏の側近議員は同日午前、記者団に「前原氏本人も『希望の党』から出馬すると聞いている」と語った。

 希望の党の若狭勝衆院議員はNHK番組で、民進党議員の合流に関し「一人一人、基本的な政策が一致しているか見極める。一丸となって合流ということではない」と述べた。

 民進党内リベラル系の赤松広隆前衆院副議長のグループも会合を開き、対応を協議。出席議員の一人は「『希望の党』に希望者全員が受け入れられるか分からない。みな戦々恐々としている」と語った。

◆首相、合流を批判

 安倍晋三首相(自民党総裁)は二十八日昼、衆院解散後の党両院議員総会で、民進党と希望の党による合流の動きを念頭に「選挙のためだけに看板を変える政党に、日本の安全、子どもたちの未来を任せるわけにいかない」と批判した。

 首相は「一九九〇年代の新党ブーム、二〇〇九年の民主党ブームがもたらしたのは混乱と経済の低迷だ」とも指摘。「(選挙では)真面目に、愚直に政策を訴えていく」と訴えた。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報