東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

民進、希望へ合流了承 前原氏「名捨て実取る」

写真

 衆院は二十八日解散され、与野党は十月十日公示−二十二日投開票の衆院選に向け、事実上の選挙戦に突入した。民進党の前原誠司代表は二十八日の両院議員総会で、同党候補は小池百合子東京都知事が代表を務める新党「希望の党」から立候補させる事実上の合流方針を説明し、了承された。一方、小池氏は記者会見で、民進党から公認申請があれば一人一人検討するとし、二人で協議することになった。民進党候補が相当数「希望の党」から立候補する見通しとなったことで、政権選択の選挙となる可能性が強まった。

 前原氏は両院議員総会で合流する理由について「自己責任型社会を変え、安心できる支え合いの社会をつくるため、名を捨てて実を取る。好き勝手な安倍政権を終わらせるため、二大政党をつくるためだ」と理解を求めた。「『希望の党』との交渉および当分の間の党務は代表に一任する」などとした衆院選の対応方針を説明した。

 小池氏が民進党まるごとの合流に否定的な考えを示し、新党が掲げる基本政策に合意した個人ごとに合流を判断するとしていることを念頭に「誰かを排除するわけでなく、皆さんと一緒に進み、政権交代したい」と訴え、希望する候補者は全員新党から立候補できるよう努力する考えを示した。

 両院議員総会後の記者会見ではこの十日間ほど、小池氏と水面下で協議を続け、新党への合流で合意したと明らかにした。連合と調整済みであるとも説明した。

 前原氏は自身は党代表として残るが「(他の候補は)離党した上で新党に参加する」と説明した。参院議員についても衆院選後、合流を促す考えを示した。

写真

 改憲に否定的なリベラル系議員についても「一緒にやってきた仲間で公認を目指す。これからも調整する」と強調した。

 合流協議について「対等だ。お願いするわけではなく調整だ。小池氏から(合流希望者の)リストを出してほしいと言われている」と説明した。

 前原氏は二十八日夜のTBS番組で、自らの立候補に関し「無所属で出る」と明言した。

 一方、小池氏は同日の記者会見で、民進党からの合流について「希望の党で戦いたいと申し込みがあって初めて候補者として選ぶ。一人一人話を聞く」と説明した。その上で「安保法制に賛成しないという方は、申し込みをしてこないと思う」と語った。

 前原、小池両氏は二十八日夜、合流を巡り協議する予定になっていたが、急きょ、中止になった。 (金杉貴雄)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報