東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

武蔵野市長に松下氏 野党共闘 女性初当選

 東京都武蔵野市長選は一日、投開票され、民進、共産、自由、社民の野党が一致して支持した無所属新人の元都議松下玲子氏(47)が、自民推薦の元市議で無所属新人の高野恒一郎氏(45)を破り、初当選した。女性の同市長当選は初めて。投票率は44・26%(前回41・29%)だった。

 民進党が希望の党への合流を決め、野党の選挙協力は流動化しているが、同市長選は野党統一候補が自民系候補を破る結果となった。公明は自主投票。都民ファーストは独自候補の擁立を一時模索したが、果たせなかった。

 松下氏は民主党都議を二期務めた後、二〇一三年と今年七月の都議選で落選。八月に今季限りの引退を表明した邑上(むらかみ)守正現市長を支持した市民グループが擁立した。現市政の継承と待機児童の解消などを訴え、高野氏を退けた。

当 34,166 松下玲子 無新

 =民共由社

  17,933 高野恒一郎 無新

 =自

 全票終了

松下玲子(まつしたれいこ) 47 <1>

(元)都議・サッポロビール社員・松下政経塾生▽早大院        

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報