東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

希望 足並みに乱れ 小池氏、出馬を固辞

 希望の党代表の小池百合子東京都知事は五日、民進党の前原誠司代表と都内で会談した。小池氏は前原氏から、知事を辞職し衆院選に立候補するよう求められたが、固辞。前原氏は会談後、衆院選で党の旗頭となる首相候補には「小池氏がいい」と語り、小池氏の立候補にこだわった。小池氏の周辺では、希望の党結成で国政進出を一気に進めたことによる足並みの乱れが目立ち始めている。

 小池氏は会談後、「ラブコールをいただいたが『出馬はない』と伝えた」と記者団に話した。

 首相は憲法の規定で国会議員から選ぶため、小池氏は衆院選に出て、国会議員に復帰しなければ首相候補にならない。希望は政権交代を訴えているが、選挙後の首相候補を明示しないままでは無責任だとの批判がある。小池氏は首相候補について「希望の結成メンバーと整理したい」と話すにとどめた。小池、前原両氏は六日に再協議する。

 小池氏を巡っては、特別顧問を務める都議会最大会派の地域政党「都民ファーストの会」の都議二人が五日、知事の立場で希望の代表に就いたことなどを批判し、離党届を提出した。一方、希望は五日午前に大村秀章愛知県知事が党顧問に内定と発表したが、夕方に「事務局のミス」と撤回した。 (大野暢子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報