東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

日本不参加の核兵器禁止条約 野党、政府に関与求める

 核兵器禁止条約の採択に貢献した国際非政府組織(NGO)、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN(アイキャン))のノーベル平和賞受賞が決まったことを受け、野党から七日、核廃絶に向け日本の積極的な関わりを求める声が上がった。同条約には核兵器保有国のほか、米国の「核の傘」の下にいる日本や韓国は参加しておらず、安倍晋三首相は受賞を祝福する談話を出していない。 (横山大輔)

 共産党の小池晃書記局長は七日、都内で記者団に対し、受賞を歓迎するとともに「核兵器をなくそうという流れが世界の大勢だ。条約にサインする政府をつくらなければならない」と署名しない日本政府を批判した。

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は「北朝鮮の核の脅威がある中で、現実的な安全保障の問題がある」と指摘しつつ、条約の関係会合への参加を政府に求めた。

 各党の衆院選公約では、共産、社民両党が条約への日本の参加を明記。公明党は「採択を契機にさまざまな取り組みを進める」とした。自民党などは同条約に関する記述がない。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by