東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

民進から希望は44人

写真

 野党第一党だった民進党前職は、衆院解散時点で八十七人いた。前原誠司代表は、両院議員総会で希望の党への合流方針を示し「皆さんと一緒に進み、誰かを排除するということではない」と力説した。だが、希望の「排除」に反発し、希望の公認を拒否するケースも相次いだ。この結果、希望公認で立候補するのは半分ほどの四十四人にとどまり、立憲民主党公認十五人、無所属二十一人に三分裂した。

 希望から公認されたのは、馬淵澄夫元国土交通相や玉木雄一郎・元民進党幹事長代理ら。立憲民主は枝野幸男元官房長官、長妻昭元厚生労働相ら。無所属は前原氏のほか、岡田克也・元民進党代表や野田佳彦前首相など。岡田氏は民進党出身の無所属前職が相互応援するネットワーク立ち上げを表明した。希望の公認を得られず立候補を断念したケースもあった。

 希望の小池百合子代表は、政策に同意できない民進党出身者は「排除する」と宣言。安全保障政策や改憲での一致を求め、「踏み絵」とも指摘された政策協定書への署名も迫った。希望側が既に内定していた選挙区ではそちらが優先され、民進前職に希望公認の目はなかった。 (山口哲人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報