東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

台風影響で一部 即日開票できず

 台風21号が接近し全国で荒天となった二十二日、愛知、三重、兵庫、山口、愛媛、佐賀、宮崎、沖縄の八県の一部自治体で離島便が欠航するなどし、衆院選や最高裁裁判官国民審査の投票箱が回収できず、即日開票されなかった。計十二選挙区と比例各ブロックに影響、いずれも二十三日に開票する。過去に集中豪雨などで一部の自治体が投票日を延期したケースもあるが、即日開票の見送りは異例。

 山口県萩市(山口3区)と約四十四キロ離れた同市の見島を結ぶ定期航路が終日欠航となり、県選挙管理委員会は二十三日に投票箱を移送する。愛知県西尾市選管も佐久島の投票箱を回収できないとして、愛知12区などの開票を二十三日午後二時に延期した。

 佐賀県唐津市(佐賀2区)では、七つの離島のうち五つと本土を結ぶ船が航行できなくなり、即日開票を見送った。宮崎2区の宮崎県延岡市でも島野浦島から投票箱を運べず、開票を延期した。

 愛媛県では愛媛1区と2区にまたがる松山市、4区の八幡浜市で、離島から定期航路やチャーター便で移送する予定だったが、台風の影響で欠航し運べなくなった。

 沖縄県選管は、うるま市(沖縄3区)と南城市(同4区)、座間味村(同1区)で離島から投票箱を移送することが難しい状況となった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報