東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

民進・前原代表辞任へ 連合会長に意向伝える

 民進党の前原誠司代表は二十三日午前、連合の神津里季生(こうづりきお)会長と東京都内で会い、希望の党に合流する方針の見直しと、民進代表を辞任する意向を伝えた。会談後、「(党の)一定の方向性を定めた後、自らの出処進退は考えていると申し上げ、理解を頂いた」と記者団に語った。

 前原氏は同日未明の記者会見で、希望が不振だった衆院選の結果を踏まえ「(民進の)参院や地方組織の方向性を決めた段階で責任を取る。辞任するのは当然」と明言。自身は無所属で当選したが、希望に合流する意向を表明した。パリを訪問している小池百合子代表(東京都知事)とも電話で協議し、対応方針を話し合ったことを明らかにした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報