東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

野党の質疑短縮「暴論」 立民・枝野代表 政府・与党を批判

 立憲民主党の枝野幸男代表は三十日、自民党が国会質疑で野党の質問時間を減らし、与党に振り分ける方針を固めたことについて「国会での質問時間の割り振りを与党に有利なように変えようとの話が与党だけでなく政府からも出ている。暴論ともいえる主張は一刻も早く取り下げてもらいたい」と記者団に話した。 (山口哲人)

 枝野氏は、議院内閣制の日本では政府の予算案や法案は国会に提出される前に与党が事前審査する仕組みになっていると指摘。「与党は細かく政府から説明を受け、自分たちの主張をもぐり込ませる。(問題点をチェックする)質疑も野党と同じようにさせろというのは論外だ。議院内閣制の基本が分かっていない」と批判した。

 これに対して、菅義偉(すがよしひで)官房長官は同日の会見で「国会議員は国民の負託を得て当選してきている。各会派の議席数に応じた質問時間の配分は、国民の側からすればもっともな意見だ。あとは全体の質問時間を考慮する中で、国会で検討されるべきだ」と反論した。

 自民党は衆院選での与党圧勝を踏まえ、与野党への国会質疑時間の割り振りを見直す方針を確認。近く野党側に了解を求める見通し。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報