東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

民進代表に大塚氏

大塚耕平氏

写真

 民進党は三十一日昼、前原誠司氏の後任を決める代表選の立候補を受け付け、参院議員の大塚耕平広報局長(58)が届け出た。ほかに届け出はなく、大塚氏が同日午後の両院議員総会で正式に新代表に選出される。任期は来年九月末まで。

 大塚新代表は十一月一日召集の特別国会を控え、執行部人事を急ぐ。希望の党への合流や立憲民主党の結成により分裂した党の立て直しを目指す。野党の再編成や連携に向けた対応も課題となる。

 大塚氏は、日銀勤務を経て二〇〇一年の参院選で初当選。愛知選挙区。当選三回。旧民主党政権では、内閣府副大臣などを務めた。

 民進党は、所属国会議員の大半を四十六人の参院議員が占めるため、新代表は参院から出すべきだとの声が高まった。衆院議員は先の衆院選で党籍を残しながら無所属で当選した十五人ほどしかいない。同党は希望の党への合流を撤回し、存続を決めたばかり。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報