東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「第4次」は吉田内閣以来 65年ぶり、戦後2例目

 1日に発足した第4次安倍内閣の「第4次」とは、国会の首相指名選挙で4回、首相に指名されたことを意味する。4回目の首相指名を受けたのは1952年10月の吉田茂以来、65年ぶりで戦後2例目。

 安倍晋三首相は2006年9月、小泉純一郎首相の後継を争う自民党総裁選で圧勝した後、最初の首相指名を受けた。これが第1次安倍内閣で、約1年間続いた。自民党が野党だった12年に再び総裁に就任し、同年12月の衆院選で政権を奪還して第2次内閣が発足。その後14年12月と今回、衆院選での勝利を受けてそれぞれ第3次、第4次内閣を発足させた。

 吉田内閣は1947年5月にいったん退陣したが、翌年10月に第2次内閣が発足した後、第5次まで続いた。戦後、第3次に達した内閣はほかに、鳩山一郎、池田、佐藤、中曽根、小泉の5例ある。 (吉田健一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報