東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

首相「結果を出す」 第4次安倍内閣が始動

 第四次安倍内閣が二日午前、本格始動した。安倍晋三首相は官邸入りの際、記者団に「国民から大きな負託を受けた。責任の重さを胸に刻みながら、一つ一つ結果を出していきたい」と語った。副大臣と政務官人事は二日午後の閣議で決定する。

 公明党の山口那津男代表は二日の党中央幹事会で、新内閣発足に関し「おごらず、謙虚で、真摯(しんし)な政権運営の在り方を示すことが望ましい」と強調。会期を十二月九日まで確保した特別国会については、野党の要望も受け止めながら議論を進める必要があるとした。

 副大臣人事などは決定後に、菅義偉官房長官が発表する。基本的には再任の方向で調整が進んでおり、二日夜に副大臣と政務官の会議を、それぞれ官邸で開く段取りだ。

 新内閣は基本方針で、経済最優先で政権運営に当たると強調。二〇一九年十月に予定する消費税増税の使い道を変更し、子育て世代に投資する「全世代型の社会保障制度」に転換することなどを掲げた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報