東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

首脳ラウンドへ首相が肩慣らし 5月以来のゴルフ

トランプ米大統領とのプレーを控え、ゴルフを楽しむ安倍首相(左)=3日午後、神奈川県茅ケ崎市で

写真

 安倍晋三首相は三日午後、神奈川県茅ケ崎市のゴルフ場で長谷川栄一首相補佐官や秘書官と五月七日以来となるゴルフを楽しんだ。北朝鮮情勢などを踏まえ、しばらくプレーを控えてきたが、来日するトランプ米大統領との「ゴルフ対決」が五日に控えており、肩慣らしをした格好だ。

 白いポロシャツとベージュのズボン姿の首相は、約二時間で九ホールを回った。同伴者のプレーに「ナイスショット」「惜しい」と歓声を上げ、笑顔を見せる場面もあった。ゴルフは、トランプ氏との共通の趣味。首相が二月に訪米した際、トランプ氏がゴルフでもてなした経緯がある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報