東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

57億円拠出、首相が表明 イバンカ氏主導 女性起業家基金

 安倍晋三首相は三日、初来日しているトランプ米大統領の長女イバンカ大統領補佐官とともに、日本政府が東京都内で開いた女性政策を議論する国際シンポジウム(女性版ダボス会議)の関連行事に出席し、イバンカ氏が設立に関わった女性起業家支援基金に五千万ドル(約五十七億円)を拠出すると表明した。

 基金は、途上国の女性起業家や中小企業の支援が目的で、七月の二十カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて世界銀行内に設立された。首相は「イバンカ氏が立ち上げを主導した基金を強く支持する」と強調。イバンカ氏の前で拠出を表明することで、トランプ政権とのパイプをより強固にする狙いがあるとみられる。

 首相は「女性活躍」を成長戦略の中心に位置付けてきたことも指摘。「昨年、日本の女性就業率は二十五歳以上の全世代で米国よりも高くなった。日本は変わった」と語った。

 イバンカ氏は講演で「人口の半分を占める女性の労働参加が社会を強くし、繁栄させることができる。だからこそ私は経済分野で女性を活躍させる政策を進めるために、政府の仕事に就いた」と語った。 (柚木まり)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報