東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

辺野古、新護岸工事に着手

沖縄県名護市の辺野古沿岸部で、新たに始まった護岸工事=6日午前

写真

 政府は六日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古(へのこ)移設工事で、新たに護岸二カ所の造成に着手した。これまで護岸を造ってきた埋め立て区域北側と並行して南西側でも構造物の整備に乗り出し、来年夏を目指す土砂投入に向けて作業を加速させる。

 移設に反対する沖縄県は工事中止を求める訴訟を今年七月に改めて起こし、政府と係争中。翁長雄志(おながたけし)知事は埋め立て承認を撤回する処分も行う方針だが、効果は不透明で、工事を止める決め手は見つかっていない。

 菅義偉官房長官は六日の記者会見で「周辺環境などに十分配慮した上で工事を進める。一日も早い普天間飛行場の返還を実現したい」と話した。

 新たな二カ所は、埋め立て区域南西側の外枠となる通称「K1護岸」と、内側を仕切る「N5護岸」。午前十時半すぎ、それぞれの場所でクレーン車が、砕石を網状の袋に入れてつり上げ、海中や波打ち際へと投下した。政府はこの南西側の工区を護岸で囲い、来年夏ごろには内側に土砂を入れる本格的な埋め立て開始を目指している。

 南西側の工区では希少な「オキナワハマサンゴ」が見つかり、防衛省沖縄防衛局は別の場所に移植して保護するための許可を十月に沖縄県へ申請。県は許可の可否を慎重に審査している。防衛省はサンゴの位置から「許可が出なくても護岸整備に当面支障はない」としている。

 今年四月に着工した埋め立て区域北側の「K9護岸」は、砂浜から沖合約百メートルまで延びた。この工区では今後、大型船を使って海上から石材を投入し、護岸の形成を進める方針だ。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報