東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「日本市場は不公平」 トランプ氏、財界人会合で不満

トランプ米大統領を出迎えられる天皇、皇后両陛下=6日午前、皇居・御所で(代表撮影)

写真

 安倍晋三首相とトランプ米大統領は六日午後、東京・迎賓館で首脳会談を行う。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への圧力を最大化し、核放棄を目指す方針を確認する。トランプ氏は同日午前、東京都内で開かれた日米財界人との会合で「日本市場は公平ではなく、開かれていない」と対日貿易赤字への不満を語った。首脳会談は北朝鮮に加え、貿易・経済分野が主要議題の一つになる見通しだ。

 首脳会談に先立つワーキングランチの冒頭で、首相は「北朝鮮問題をはじめ世界のさまざまな課題を率直に議論したい。日米同盟をさらに揺るぎないものにしていきたい」と発言。トランプ氏は「北朝鮮や貿易問題、軍事的課題について話すことがある」と語った。

 トランプ氏は日米財界人との会合で「米国は長年にわたり、日本に対する貿易赤字に苦しんできた」と指摘。米国が離脱した環太平洋連携協定(TPP)は「正しい考え方ではない」と語り、米国の再加入を否定した。

 五日の河野太郎外相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表との会談では、日米両国の自由貿易協定(FTA)が議題に上っている。六日の首脳会談でも、トランプ氏が日米FTAなど二国間交渉を持ち出す可能性がある。

 北朝鮮問題では、首相が日本の独自制裁強化の方針を伝えるとみられる。トランプ氏は来日前、北朝鮮のテロ支援国家への再指定について「極めて近いうちに判断する」と表明しており、首脳会談で再指定が議題になることも考えられる。

 トランプ氏は首脳会談に先立ち、天皇、皇后両陛下と皇居で会見した。首脳会談後は北朝鮮による拉致被害者の家族らと面会。その後、両首脳は共同記者会見に臨む。 (篠ケ瀬祐司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報