東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

日米「対北、全ての選択肢」 軍事行動排除せず武器購入増 首脳会談で一致

写真

 安倍晋三首相は六日、トランプ米大統領と東京・迎賓館で会談し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に関し、軍事行動を含む「すべての選択肢」を用意して対応することで一致した。トランプ氏は会談後の共同記者会見で、米国の雇用を増やすため日本側に米国製武器の購入拡大を要求した。対日貿易赤字の是正も求めた。 (大杉はるか)

 首相は記者会見で「北朝鮮の最新情勢を分析し今後とるべき方策について、完全に見解が一致した」と説明。「(軍事行動も選択肢の一つとする)トランプ大統領の立場を支持する。圧力を最大限まで高めることで完全に一致した」と語った。

 トランプ氏は「北朝鮮は核実験をし、弾道ミサイルの発射実験を日本の領土の上でやっている。看過できない。(オバマ政権時の)『戦略的忍耐』の時代は終わった」と強調した。

 米国製の武器購入を巡り、トランプ氏は「(安倍)首相は米国からさまざまな防衛装備を購入することになる。そうすれば(北朝鮮の)ミサイルを撃ち落とすことができる。日本は大量に買うべきだ。(日本が買えば)多くの雇用が私たちのために生まれるし、日本がもっと安全になる」と首相に求めた。

 首相は「日本は防衛装備品の多くを米国から購入している。北朝鮮情勢が厳しくなる中、日本の防衛力を質的に、量的に拡充しないといけない」と明言。既に購入予定のステルス戦闘機や弾道ミサイルを迎撃するミサイルに加え、イージス艦も「米国からさらに購入するだろう」と応じた。

 日本政府関係者によると、首相は会談でも米国の武器を購入する意向をトランプ氏に伝えたという。

 貿易問題でトランプ氏は、対日貿易赤字の是正が重要だと主張し、二国間の貿易・投資の拡大を会談で求めた。会見では日本市場の開放を要求した。自由貿易協定(FTA)には言及しなかった。

 両首脳の会談は、昼食会を含めて約一時間四十分。会談は五回目。

◆米の要求 丸のみに危うさ

 「半世紀を超える日米同盟の歴史で、首脳同士がここまで濃密に、深い絆で結ばれた一年はなかった」

 安倍晋三首相はトランプ米大統領との共同記者会見で、自ら築いたトランプ氏との良好な関係を誇った。

 首相は北朝鮮への対応で、軍事的選択肢を排除しないトランプ氏の立場への支持を重ねて表明した。ただ、トランプ氏に頼りすぎる姿勢にはリスクも伴う。

 日米両国は国際的な圧力を強めて、北朝鮮に核・ミサイル開発を放棄させる考えだが、強硬姿勢が北朝鮮の暴発を招く、との懸念もある。フランスやドイツの首脳が対話の必要性を指摘するのもそのためだ。米国が軍事行動に出れば、日本に被害が及ぶ可能性は否定できない。

 トランプ氏の政権基盤は揺れている。ロシアが昨年の大統領選に干渉したとされる「ロシアゲート」疑惑では、トランプ氏に近い人物が共謀したとの疑惑も浮上し、捜査が進んでいる。五日には、ロス商務長官と関係の深い会社と、プーチン政権に直結する人物との取引がパラダイス文書で明らかになった。

 「米国第一」を掲げ、米国人の雇用を増やすと強調するトランプ氏。共同記者会見では、日本が米国から武器を買えば、米国の雇用が生まれ、日本はもっと安全になると強調。安倍首相に面と向かって武器購入を求めた。トランプ氏との蜜月関係の維持は、トランプ氏の要求を受け入れ続けることを意味する。 (清水俊介)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報