東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

玉木、大串氏一騎打ち 希望、共同代表選告示

 希望の党の初めての共同代表選が八日午前、告示され、玉木雄一郎(48)、大串博志(52)両衆院議員が立候補し、一騎打ちとなった。十日に党所属国会議員が投票して選出する。改憲や安全保障関連法への対応、野党連携のあり方が争点だ。

 玉木氏は届け出後の陣営会合で「新しくできた党を日本の未来を担う核にする」と語った。代表の小池百合子東京都知事に近い結党メンバーの支援を受け、党の独自性を打ち出すべきだと主張。「現実的な安全保障政策」を掲げ、安保法は廃止ではなく抑制的な運用を唱える。九条改憲の議論も容認している。

 これに対し、大串氏は記者会見で「民進党、(衆院会派の)無所属の会、立憲民主党との統一会派を組むことを目指す」と表明。安倍政権との対決姿勢を重視する民進党出身議員らから支持を受ける。安保法については集団的自衛権の行使を容認せず、違憲部分を修正するとしている。九条改憲は不要だとの立場だ。

 共同代表は党所属議員五十三人の取りまとめ役を担う。任期は、二〇二〇年九月まで。

 泉健太、渡辺周両衆院議員も立候補に意欲を示していたが、必要な国会議員八人の推薦を確保できず、断念した。 (大野暢子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報