東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

希望共同代表選告示 安保、野党連携に溝

写真

 希望の党初の共同代表選が八日告示され、ともに衆院議員の玉木雄一郎氏(48)、大串博志氏(52)が届け出て一騎打ちとなった。安全保障政策などで代表の小池百合子東京都知事に近く、党の独自路線を主張する玉木氏に対し、小池氏と距離を置く大串氏は立憲民主党などとの連携を強調する。改憲への対応にも差があり、代表選の結果が党の立ち位置を左右する。 (木谷孝洋、大野暢子)

 一時間近くに及ぶ八日午後の共同記者会見では、二人の考えの違いが浮き彫りになった。

 玉木氏は「『安倍一強を許すまじ』というのが小池代表の言葉だ。補完勢力にはならない」と語ったが、「政権を打倒する」との言葉はなかった。大串氏は「安倍政権、自公政権としっかりと対峙(たいじ)し、打倒していく」と何度も繰り返し、対決姿勢を鮮明にした。

 二人の違いは、小池氏や他の野党との関係が影響している。

 玉木氏を支援する細野豪志元環境相らの結党メンバーは小池氏と同様に安保法を容認する立場。玉木氏は八日、集団的自衛権行使も限定的に容認する考えを明確にした。「安保法廃止」を主張する立憲民主や民進などとの連携に拒否感が強い。「党のカラーを明確にするのが最初だ」と、当面は独自路線を取るべきだと主張した。

 大串氏を支援するのは、衆院解散後に希望への合流が決まり「政策協定書」に署名を迫られた民進党出身議員ら。安保法は違憲で認められないとの立場で、立憲民主などに近い。大串氏は「立憲民主や民進との統一会派も含めて野党連携を目指す」と語った。

 九条改憲に関する考え方も違う。玉木氏は安倍首相の九条改憲案を「甚だ疑問だ」とする一方、「安倍政権が無制限の憲法解釈の拡大を始めるなら、自衛権の範囲を憲法で明記しない限り、軍事的な公権力拡大を止める手段はない。改正論はあっていい」と議論自体は容認する。大串氏は「九条改正は必要ないとはっきりしている。九条の存在が平和主義を貫く役割を果たしている」と明言した。

 共同代表は、小池代表とともに党務や国会活動を統括する。任期は二〇二〇年九月まで。十日に国会議員の投票で選出する。

写真

 希望の党共同代表選挙に立候補した二人の推薦人は次の通り。(敬称略、丸数字は当選回数)

 【玉木雄一郎】

 〔衆院〕古川元久(8)、近藤和也(2)、斉木武志(2)、伊藤俊輔(1)、源馬謙太郎(1)、関健一郎(1)、西岡秀子(1)

 〔参院〕行田邦子(2)

 【大串博志】

 〔衆院〕山井和則(7)、田嶋要(6)、牧義夫(6)、岡本充功(5)、寺田学(5)、下条みつ(4)、本村賢太郎(3)、山岡達丸(2)

<玉木 雄一郎氏(たまき・ゆういちろう)> 東大法卒。財務官僚、民主党政調副会長、民進党幹事長代理。衆院香川2区、当選4回。48歳。

<大串 博志氏(おおぐし・ひろし)> 東大法卒。財務官僚、首相補佐官、民進党政調会長。衆院佐賀2区、当選5回。52歳。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報