東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

希望、共同代表に玉木氏 「未来切り開く政党に」

希望の党の両院議員総会で共同代表に選ばれ、同僚議員らの拍手を受ける玉木雄一郎氏(中)=10日午前、東京都千代田区の憲政記念館で

写真

 希望の党は十日午前、東京・永田町の憲政記念館で開いた両院議員総会で共同代表選の投開票を行い、玉木雄一郎衆院議員(48)を共同代表に選出した。共同代表は国会議員団のトップで、小池百合子代表(東京都知事)とともに党運営や国会活動全般を統括する。任期は二〇二〇年九月まで。速やかに新執行部を発足させ、党勢の立て直しや主要政策での一体性づくりに取り組む。

 選出後、玉木氏は「これから希望の党を、日本の未来を切り開いていける政党に、力を合わせて育て上げたい」とあいさつした。玉木氏は記者会見を行い、小池氏との関係について「仲良くコミュニケーションをとっていきたい。都政と国政で歯車をかみ合わせ、うまく相乗効果を出していきたい」と語った。

 共同代表選には玉木氏のほか、大串博志衆院議員(52)が立候補。国会議員五十三人が投票し、玉木氏が三十九票、大串氏が十四票だった。

 小池氏に近い結党メンバーらの支援を受けた玉木氏は、共同代表選で安保法を大筋で容認し、九条改憲の議論も認める考えを示した。党の独自路線を強調し、立憲民主党など他の野党との連携には、消極的な姿勢をみせた。

 衆院解散後に合流した民進党出身議員らに推された大串氏は、安保法は容認せず、九条改憲は不要だと主張。他の野党との連携の必要性を訴え、立憲民主などとの統一会派にも意欲を見せた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報