東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

地上型イージス 2基導入で政府調整

写真

 政府は、北朝鮮に対する弾道ミサイル防衛(BMD)の新規装備となる地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の導入に関し、十二月中旬にも閣議決定する方向で調整に入った。装備を開発し技術を保持する米国と、計二基の取得に関する金額などを詰める。配備先については秋田、山口両県を候補地として検討していることも分かった。政府関係者が十一日、明らかにした。

 運用は陸上自衛隊が行う方向。ただ運用と配備先に関しては防衛省内に異論もあり、結論となるかは流動的だ。

 トランプ米大統領が来日時に「米国製軍事装備の大量購入」を求めたことも踏まえ、閣議決定で日本側の姿勢をアピールする狙いがある。決定は防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」などに導入が明記されていないための措置。「安全保障環境が厳しさを増す中、導入が必要と判断した」などの考えを示す方針だ。

 政府関係者によると、イージス・アショアは自衛隊施設への設置を想定。防護範囲が重ならないよう東日本、西日本に二基を分散配備する方針。

 イージス・アショアは米国で開発され、一基当たり約八百億円。二基で日本全土をカバーできるとされ、二〇二三年度の運用開始を目指す。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報