東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

足立議員発言で与野党「不穏当」 維新に抗議

 自民、立憲民主、希望の三党国対委員長は十六日、日本維新の会の足立康史衆院議員が十五日の衆院文部科学委員会で三党所属議員を「犯罪者」などと述べたことについて「事実に基づかない不穏当な発言で極めて遺憾だ」として維新側に抗議した。立民は懲罰動議の衆院提出を検討する考えも伝えた。

 維新の片山虎之助共同代表は記者会見で、足立氏を厳重注意したと説明した。片山氏によると、足立氏は「発言を撤回し陳謝したい」と話した。

 足立氏は、加計(かけ)学園の獣医学部新設を巡る審議の際、立民の福山哲郎幹事長や希望の玉木雄一郎代表が日本獣医師会から献金を受け取っているとして「犯罪者だ」と述べた。自民党の石破茂元幹事長の名前も挙げ「さまざまな疑惑が取り沙汰されている」などと語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報