東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

質問割合は「5対9」 衆院予算委で与野党合意

 与野党は二十二日の衆院予算委員会理事懇談会で、二十七、二十八両日に開かれる予算委での与野党の質問時間割合を「五対九」とすることで合意した。十四時間を五時間と九時間で分ける。与党は「五対五」、野党は「二対八」を主張していたが、双方が譲歩した。

 今回の配分は前例としないことも申し合わせた。予算委を巡り、与野党は二十一日に安倍晋三首相と全閣僚が出席して二日間行うことで合意したが、時間配分を巡る協議は続いていた。参院は二十九、三十両日に実施する。

 衆院内閣、厚生労働両委員会は、二十四日の委員会質疑での配分をそれぞれ「二対五」、「三対七」とすることで与野党が合意した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報