東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「同性パートナー出席反対」 自民・竹下氏 宮中晩さん会対応で

岐阜市内で開かれた自民党の会合で講演する竹下総務会長=23日

写真

 自民党の竹下亘総務会長は二十三日、国賓を迎えて天皇、皇后両陛下が開催する宮中晩さん会に関し「(国賓の)パートナーが同性だった場合、どう対応するのか。私は(出席に)反対だ。日本国の伝統には合わないと思う」と述べた。岐阜市内で開かれた党会合の講演で語った。

 性的少数者(LGBT)に関し、差別解消や権利の保障が求められる中で、竹下氏の発言は波紋を広げる可能性がある。自民党は先の衆院選で、LGBTへの理解促進を目指す関連法の制定を掲げている。

 竹下氏は講演で、フランスのオランド前大統領が二〇一三年六月に当時の事実婚の女性を伴って来日したことに言及。「女性は奥さまではない。天皇、皇后両陛下と並んで座るのでどう対応しようかと、宮内庁は悩んだ」と語った。

 結局、宮内庁は大統領夫人として接遇したが、近い将来には外国要人のパートナーが同性となる可能性もあるとして「日本国として、必ず突き付けられる課題になるのではないか」と指摘した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報