東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「地中ごみの調査困難」 参院予算委、森友問題で政府側

 参院予算委は二十九日、安倍晋三首相と全閣僚が出席して質疑を行った。学校法人「森友学園」への国有地売却問題を巡り、民進党の川合孝典氏が大幅値引きの根拠とされた地中のごみの量を改めて調べるよう求めたのに対し、政府側は困難として応じなかった。

 麻生太郎財務相は、問題の国有地に、小学校の校舎として使われる予定だった建物が残っていることを理由に「調査は難しい」と説明。

 川合氏は、建物がない場所を掘るよう主張したが、財務省の太田充理財局長は「一部だけやっても結論は得られない。本当にやろうとすれば全部ひっくり返さない限り無理だ」として、非現実的との見解を示した。これに続いて首相は、太田氏の見解を「政府としての認識だ」と説明した。

 首相は、売却額の算定がずさんだったと結論づけた会計検査院の検査報告について「指摘を重く受け止め、国有財産の管理処分の手続きについて必要な見直しを行っていく」とも強調。「どこに問題があったかということについても、しっかり検討していく考えだ」と語った。

 参院予算委は三十日も質疑を行う。 (生島章弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報