東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「港使用許可取り消しも」 翁長氏、辺野古工事で訴え

 米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古(へのこ)への移設を巡り、沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事は三十日、防衛省沖縄防衛局が工事で使っている国頭村(くにがみそん)の奥港について「使用の許可取り消しを含む重大な決意で臨む」と述べた。港の周辺で騒音や住民の通行制限が生じている点を理由に挙げた。東京都内で開かれた全国知事会の会合後、記者団に語った。

 奥港は工事用の石材の海上輸送に使用。地元住民は、自然環境への負荷などを理由として、沖縄防衛局と岸壁の使用許可を出した県に対し、即時使用中止を求める決議文を提出していた。

 翁長氏は、住民の公益が侵害される形で港が再び使われれば、使用許可の取り消しなど厳しい対応を取ると説明。政府に対しても「地域の生活環境に重大な悪影響を及ぼすような港の使用は止めるべきだ」と訴えた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報