東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

退位19年4月30日閣議決定 「平成」31年で幕

「三越伊勢丹ソレイユ」で障害者が働く様子を視察される天皇、皇后両陛下=8日午前、東京都新宿区で(代表撮影)

写真

 政府は八日午前の閣議で、天皇陛下の退位日を二〇一九(平成三十一)年四月三十日とする政令を決定、退位日が正式に決まった。翌五月一日に皇太子さまが即位し、改元する。天皇の退位は江戸時代の一八一七年に光格(こうかく)天皇が退位して以来、約二百年ぶり。「平成」は三十一年で幕を閉じる。宮内庁は八日、退位日を決めた皇室会議の議事概要を公表。具体的な発言内容や発言者名など詳細は明らかにしなかった。

 皇室会議は三権の長や皇族らで構成し、一日の会議で退位日を一九年四月三十日とすべきだとの意見を決定。五日の閣議で報告され、八日に正式に決めた。

 安倍晋三首相は同日の閣議後の閣僚懇談会で、陛下が退位した翌日の五月一日に皇太子さまが即位すると表明。「退位は憲政史上初めて。皇位継承に向けて準備が必要になることは多岐にわたる。つつがなく行われるよう万全を期していきたい」と語った。

 政府は年明けに菅義偉(すがよしひで)官房長官をトップとする準備組織を設け、退位に向けた準備を本格化。陛下の退位の儀式を国事行為として行うかなどを検討する。

 菅氏は八日の記者会見で「特段の事情が生じない限り、改元は一九年五月一日を軸に検討をしていくことになる」と述べた。政府は国民生活への影響を少なくするため、新元号を来年中に公表する予定。既に有識者数人に候補を出すよう依頼済みとされる。

 政府は皇太子さまが即位する一九年五月一日を祝日か休日にする方向で検討している。祝日になれば、祝日法の規定によって四月三十日、五月二日も休日となり、四月二十七日からの十連休となる。

<退位の特例法> 天皇陛下一代限りの退位を実現させるための法律で、皇室典範と一体という位置付け。退位の意向をにじませた陛下の昨年8月のビデオメッセージ公表を契機に、政府が有識者会議を設け、与野党の意見集約を経て今年6月9日の通常国会で成立、同16日に公布された。政府が退位日を決める際、三権の長や皇族らで構成される皇室会議の意見聴取を義務付けている。施行日に陛下が退位し、皇太子さまが直ちに即位すると規定。退位後の陛下の呼称は「上皇(じょうこう)」、皇后さまは「上皇后(じょうこうごう)」としている。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報