東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

米軍機の飛行中止を 沖縄ヘリ事故 翁長知事、政府に要請

政府に抗議し申し入れを行い、記者の質問に答える翁長雄志知事=15日午後、首相官邸で

写真

 沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事は十五日、同県宜野湾(ぎのわん)市の小学校運動場に米軍普天間(ふてんま)飛行場所属の米軍ヘリコプターから窓が落下した事故を受け、首相官邸で菅義偉(すがよしひで)官房長官と会談し、県内の米軍機全機種の総点検と、その間の飛行中止を米軍に働きかけることなどを要請した。菅氏は学校上空を飛ばないルートの徹底を米軍に求める考えを示した。 

 翁長氏は、事故について「県民にとって大きな衝撃で、到底容認しがたい」と非難。飛行中止のほか、事故原因の徹底究明と公表、実効性のある再発防止措置の実施、学校や病院などの上空を避けるルートの徹底などを政府の責任で米軍に実現させるよう求めた。

 この一年で米軍機の事故が相次いでいることを踏まえ「米軍の運用を最優先し、安全を軽視する姿勢が事故を招いた。県民の不安はこれまでになく高まっている」と指摘した。菅氏は「原因究明、再発防止は徹底する」と応じた。会談には、宜野湾市の佐喜真淳(さきまあつし)市長も同席した。 (清水俊介)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報