東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

ALS「治る病気に」 「せりか基金」研究者2人に

せりか基金の授賞式。ALS患者も出席し、治療薬の開発に期待を寄せた=15日、東京都板橋区で(隈崎稔樹撮影)

写真

 漫画「宇宙兄弟」のヒロイン伊東せりかにちなんだ「せりか基金」の授賞式が15日、東京都板橋区の区立文化会館であった。筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療薬の開発を目指す研究者2人が選ばれ、基金に寄せられた約1000万円のうち、今年分として計550万円が助成金として手渡された。会場にはALS患者や関係者が招かれ、治療薬の開発を期待し、大きな拍手を送った。 

 受賞したのは、東京大学大学院薬学系研究科特任助教の藤沢貴央さんと国立遺伝学研究所助教の浅川和秀さん。藤沢さんはALSの病態分子機構の解明を、浅川さんは小型熱帯魚ゼブラフィッシュを主な研究材料として用い、ALS発症の仕組みの解明を目指す。

 宇宙兄弟の作者小山宙哉(ちゅうや)さんは都合で出席できなかったが、ビデオで「患者さんたちを取材する中で意見をもらい、ALSを描くことができた。宇宙兄弟の中で、ALSは治る病気になるという、光の見える形で描いた。実際でもそうなるように願っている」とのメッセージを寄せた。

 基金代表の黒川久里子(くりす)さんは「ALSが治るまで活動を続けたい」と決意を語った。ALS患者の岡部宏生(ひろき)さんは「ALSに直接関係ない人たちが集まってくれて、感激している。難しいと理解しているが、薬の開発に期待している」と本紙の取材に話した。

 基金は5月に設立。2000人以上が寄付を申し込み、総額は1000万円を超える。 (城島建治)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報