東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

日朝貿易へ「用意ある」 中曽根首相、86年訪中時 外交文書公開

中曽根康弘元首相

写真

 外務省は二十日、外交文書二十五冊を一般公開した。中曽根康弘首相が一九八六年十一月に訪中して中国共産党の胡耀邦(こようほう)総書記と会談した際、中国との国交樹立を希望する韓国の意向を伝えていたことが明らかになった。橋渡し役を果たそうとすると同時に、日本と国交がない北朝鮮との貿易に向けても「用意がある」と表明し協力を求め、中韓と日朝の同時並行的な関係改善を提起した。胡氏は、いずれの提案にも、希望に沿えないとの考えを示した。 

 一連のやりとりからは首脳間の信頼関係を土台に、日本が朝鮮半島の平和実現に向け、独自外交を展開しようとした軌跡が浮かび上がる。一部の事実は共同通信が当時「中韓橋渡しは不首尾に」などと報じていた。

 日中首脳会談は八六年十一月八日、北京の人民大会堂で行われた。九日付極秘公電によると、中曽根氏は「韓国首脳から『中国との国交、それに至らぬとしても、交流を拡大するよう希望していると伝えてほしい』と言われた」と述べた。中韓の貿易や通商代表部の相互設置という希望も伝達。さらに、中韓貿易などの枠組みが整うなら「日朝間も、同様のことを行う用意がある」と明言した。

 胡氏は、日朝の提案に関し実現は難しいとの認識を示した。ただ「北朝鮮に漏らし、感触を聞いてみる」と努力する姿勢を見せた。

 韓国首脳の意向については「対中改善の願望は良いものだ」としつつ「(中国が了承するには)北朝鮮や他の社会主義国にも受け入れられなければならない」といった言い方で断った。

 中曽根氏は韓国が米中朝との四者会談を望んでいるとも伝えた。胡氏は、南北が友好的な対話を通じ、緩やかな連邦制をとる必要があるとの見方を語った。中国として米朝韓の対話を働き掛けたものの北朝鮮が中国提案に「怒った」とする機微な情報も漏らし、北朝鮮に手を焼いている様子を見せた。

 胡氏は内政面でも、最高機密に当たる中国共産党人事に関して翌八七年の共産党大会で「年寄りを引退させる」と打ち明けた。対外関係では「共通の言葉が欠けている」とソ連を批判。東ドイツのホーネッカー国家評議会議長が中国要人との会談で「ソ連は北方領土を返すべきだ」と発言したとの情報も提供した。

 中曽根氏は八七年一月に東ドイツでホーネッカー氏と会談している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報