東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「お帰りと言いたい」 国会で横田さんら拉致解決訴え

参院拉致問題等特別委で意見陳述をする横田早紀江さん。右は飯塚繁雄さん=21日

写真

 衆参両院は二十一日、拉致問題特別委員会を開き、北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさん=失踪当時(13)=の母早紀江さん(81)ら被害者家族三人を参考人招致した。早紀江さんは「元気なうちに『めぐみちゃん、お帰り』と言いたい」と娘への思いを語り、「トップ同士で言葉を交わすのが一番解決に近い。そういう日が来ればありがたい」と日朝首脳会談の実現による早期解決を求めた。

 早紀江さんは、めぐみさんの拉致事件から四十年も経過したとして「日本は何をしているのか。なぜ何も動かないのか。それが日本中の思いだ」と訴えた。米朝の緊張関係が高まっていることには「戦争にならないようにしてほしい」と語った。

 田口八重子さん=同(22)=の兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(79)は、二〇〇二年の日朝首脳会談の意義を問われると「五人の帰国以外は失敗だった。他の被害者がいないことにされた」と振り返った。十一月のトランプ米大統領と家族会との面会については「歓迎すべき事態だったが、帰国という結果に結び付くよう安倍晋三首相にお願いしたい。単なるパフォーマンスに終わらせてほしくない」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】