東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

習主席に訪日要請 二階氏ら面会「来年首脳交流を」

北京の人民大会堂で面会した(左から)自民党の二階幹事長、習近平国家主席、公明党の井上幹事長=28日(代表撮影・共同)

写真

 【北京=我那覇圭】日中与党交流協議会として中国を訪問中の自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は二十八日、北京の人民大会堂で習近平(しゅうきんぺい)国家主席と面会した。二階氏は「来年、首脳間交流の実現をお願いしたい。来年は日本でお待ちしている」と語り、習氏の訪日を要請した。習氏から明確な回答はなかったが、同協議会の枠組みで習氏が出席するのは初めて。面会実現は中国側の日中関係改善に向けた意欲を示すものといえそうだ。

 二階氏は、来年が日中平和友好条約締結四十周年であることを念頭に、日中関係が改善の兆しを見せていることを踏まえ「この勢いをさらに加速させたい」と伝えた。

 井上氏は個別に習氏と会い、支持母体である創価学会の池田大作名誉会長が、日中国交正常化を提言してから来年が五十周年に当たると指摘。習氏は「池田先生にぜひよろしくと伝えてほしい」と応じた。

 これに先立ち、二階、井上両氏は中国の外交を統括する楊潔〓(ようけつち)国務委員と会談。二階氏は北朝鮮問題について「日中両国は共通の脅威に直面している。中国は必ずや北朝鮮に核開発などを諦めるように働きかけてくれると日本国民は信じている」と語った。

 これに対し、楊氏は「各方面と協力し、対話を通じて平和的な解決を実現したい」と強調。日中関係については「双方が歩み寄り、実際の行動で共通認識を持つことが大事だ」と話した。

 習氏との面会後、二階氏は記者団に「習氏が会ったこと自体が日中関係重視の表れだ。首脳間交流を含め、来年につながっていくのではないか」と説明。井上氏は「日中関係改善に向けた意欲を感じる雰囲気だった」と指摘した。

※〓は、竹かんむりに、厂(がんだれ)、下に虎

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報