東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

式典準備委が初会合 即位行事「過去の例 検討」

写真

 政府は九日、二〇一九年四月三十日の天皇陛下の退位と、翌五月一日の皇太子さまの新天皇即位に向けた式典準備委員会の初会合を首相官邸で開いた。退位、即位の儀式の形式や日程、憲法との関係などを検討し、三月中旬に基本方針をまとめる。委員長を務める菅義偉(すがよしひで)官房長官は会合後の記者会見で、即位関連行事の在り方に関し「過去の例も検討しながら進めていきたい」と陛下の事例を参考にする考えを示した。

 準備委は菅氏のほか、西村康稔、野上浩太郎、杉田和博の三官房副長官、横畠裕介内閣法制局長官、山本信一郎宮内庁長官、河内隆内閣府次官の七人で構成。

 天皇退位は一八一七年の光格(こうかく)天皇以来、約二百年ぶりで、現憲法下で初めて。政府は退位の儀式を内閣の助言と承認に基づく国事行為とする方針で、天皇の政治関与を禁じた憲法四条との整合性を検討する。

 この日の会合では、新天皇の即位に関する儀式について、出席者から「平成の代替わりに伴う式典は、憲法下で十分検討された。基本的な考え方や内容は踏襲されるべきだ」との意見が出た。陛下の「即位の礼」は国事行為として、神道色が濃い「大嘗祭(だいじょうさい)」は皇室行事として行われた。

 一九年は、日本で二十カ国・地域(G20)首脳会合やラグビー・ワールドカップ(W杯)が開催される。海外から賓客を招く即位の礼の日程は、こうした行事なども考慮される。準備委は、一九年一月七日に陛下が在位三十年を迎えることを記念する行事のあり方も検討する。 (清水俊介)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報