東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

防衛相が米司令官へ再発防止要請 ヘリ不時着続発で

9日、米ハワイのキャンプ・スミスでハリス米太平洋軍司令官(左)と会談する小野寺防衛相=共同

写真

 【ホノルル=共同】小野寺五典(いつのり)防衛相は九日(日本時間十日)、米ハワイを訪問し、ハリス米太平洋軍司令官とキャンプ・スミスで会談した。米軍ヘリコプターの不時着が沖縄県で相次いだ事態を受け、小野寺氏は再発防止の徹底を要請。ハリス氏は遺憾の意を伝えた。両氏は韓国と北朝鮮による当局間会談が開催されたものの、核・ミサイル開発を進める北朝鮮の脅威は変わっていないとの認識で一致、最大限の圧力をかけ続けていく方針を確認した。

 会談で、小野寺氏は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)所属の米軍ヘリの不時着に触れ「住民の安心のため安全な航行をお願いしたい」と訴えた。ハリス氏は、ヘリがトラブル発生後に人口密集地にある基地に戻らず、砂浜などに不時着した対処に関し「一番近い安全な場所に降ろす措置に満足している」と言明。同時に「米軍は安全第一に運用している」と釈明した。米太平洋軍は在日米軍や在韓米軍を傘下に置いている。

 両氏は北朝鮮情勢を巡って意見交換し、日米や日米韓が連携する重要性を共有した。ハリス氏は米韓合同軍事演習について、五輪・パラリンピック終了後に予定通り実施されるとの見通しを示した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報