東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

尖閣潜水艦 中国軍と確認 防衛相批判「緊張高める」

中国国旗を掲揚して航行する潜水艦=12日午後、尖閣諸島北西の東シナ海で(防衛省提供)

写真

 日本政府は十二日、沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域を十一日に潜った状態で航行した外国の潜水艦について、中国海軍所属と確認した。潜水艦は十二日に公海上で中国国旗を掲げて航行した。防衛省によると、中国潜水艦が尖閣の接続水域を航行したのは初めて。杉山晋輔外務事務次官は中国の程永華駐日大使に電話で「新たな形での一方的な現状変更だ」と厳重抗議した。

 潜水艦に接続水域を航行させた中国海軍の意図に関し、日本政府は情報収集と分析を本格化させる方針。外交ルートを通じ、事実関係の説明を中国側に近く求める。習近平中国国家主席の早期来日を目指す安倍晋三首相は、事態を悪化させずに沈静化を図りたい考えとみられる。だが展開次第では、改善傾向の日中関係に影響を与える可能性もある。

 防衛省によると、海上自衛隊の護衛艦が中国国旗を掲げた潜水艦を確認したのは十二日午後。接続水域の航行を巡り、小野寺五典防衛相は「緊張を一方的に高める行為だ」と中国側を批判した。

 政府筋によると、海自艦が十一日、接続水域を航行する潜水艦を追尾。これを追い掛ける形で中国のフリゲート艦が接続水域に入った。外務省幹部は「全体の状況を改めて整理すると、今回の事態の引き金を引いたのは中国だ」と記者団に述べ、日本側に非があるとする中国側主張に反論した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報