東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「慰安婦」新要求を拒否 河野氏、韓国外相に伝達

写真

 【バンクーバー=共同】河野太郎外相は十六日午前(日本時間十七日未明)、カナダのバンクーバーで韓国の康京和(カンギョンファ)外相と会談した。康氏は二〇一五年末の日韓合意では慰安婦問題は解決できないとする韓国政府の新方針を説明。河野氏は、文在寅(ムンジェイン)大統領が日本側の謝罪を要求していることを踏まえ「さらなる措置を求めるのは全く受け入れられない」と語り、新たな協議を拒否し、合意の着実な履行を求めた。

 康氏は、二月九日開幕の韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪に合わせた安倍晋三首相の訪韓を改めて要請した。河野氏は「国会日程を踏まえて検討する」と述べるにとどめ、見通しについて明言を避けた。

 韓国政府による今月九日の新方針発表後、両国外相が会談するのは初めて。日本外務省によると、会談は約四十五分間で、一対一で通訳を付けず朝食を取りながら行われた。

 河野氏は日韓合意に関し「最終的かつ不可逆的な解決を確認した」との日本の立場を改めて表明。日本の植民地支配下で徴用された朝鮮人労働者を象徴する像をソウルの日本大使館前などに設置する動きに関しても、韓国政府が適切な対応を取るよう強く求めた。

 両外相は、日韓関係を未来志向で前に進める重要性では一致した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報