東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

松本内閣府副大臣 不適切やじで辞任

松本文明 内閣府副大臣

写真

 松本文明内閣府副大臣(自民党)は二十六日、衆院本会議での代表質問の際、沖縄県で相次いだ米軍ヘリコプターの不時着を巡って「それで何人死んだんだ」とやじを飛ばした責任を取り、安倍晋三首相に辞表を提出した。首相は受理した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題が争点となる二月四日投開票の同県名護市長選を前に、政権側にとって打撃となりそうだ。

 松本氏は二十五日の衆院本会議でやじを飛ばした。死者が出なければ、米軍ヘリの不時着は問題ないとも受け取れ、野党が反発していた。

 首相への辞表提出後「誤解を招く表現で沖縄県民や国民に迷惑を掛けた。申し訳ない」と語った。発言の意図については、普天間飛行場の名護市辺野古(へのこ)移設を推進する必要性を訴え「訓練などで県民や米軍関係者の多くの人命が失われている。それに報いるという思いで言った」と釈明した。議員辞職は否定した。

 二十五日の衆院本会議では共産党の志位和夫委員長が米軍ヘリの不時着などを取り上げた。松本氏は議場から「それで何人死んだんだ」などと不規則発言した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報